• 〜セカンドキャリアを歩む元アスリートたち〜Vol.5坂田将人さん

    2022.02.16

    エイジェックスポーツマネジメント

    競技から退き、社業でエイジェックグループに貢献をしている社員を紹介している、本記事。第5回目の今回はエイジェックスポーツマネジメントに所属をしている坂田将人さんを紹介していく。

    自分のような思いをする人を減らすためにも

    競技生活晩年、怪我に悩まされた坂田さんは「野球から離れた時にやりたいことはないか」と考えた際に、自分のような思いをする人を減らせたらと思い今のセカンドキャリアを選択した。さまざまな経験を積んできた中で大事だと感じたのは「人脈は大きいです。新しいことに挑戦しやすくなると思います」と振り返る。そんな坂田さんが現在携わる業務は柔道整復師のスクール開校業務だ。自身が怪我に苦しめられる中でトレーナーの重要性に気付かされ、「自分のような境遇の人を減らせたら」と一念発起。0から作ることに難しさを感じると同時にやりがいを持ち業務にあたっているという。

    今後は自分の勉強をしながら、1人でも多く自分自身のように怪我に苦しみ競技を諦める選手を救えるように腕を振るう。

    ◆プロフィール◆

    坂田さんは高校時代は祐誠高等学校に在籍、その後福岡ソフトバンクからドラフト指名を受け、プロ野球の道に進む。その後は栃木ゴールデンブレーブス、茨城アストロプラネッツに所属したが怪我に苦しみ競技を引退した。